スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--/-- --:--

菖蒲と…  ―直江信綱― 

naoeDSC_0127 - コピー
 

こんばんは、banginです。明日は待ちに待った給料日です!あれも買いたいこれも買いたいああ止まらない(爆)

 土曜日はロケに行ってきました。午前中は天気がよろしくなかったですが、昼過ぎから止んでくれてスムーズに撮影出来ました。

 この日出したキャラクターは「炎の蜃気楼」の直江信綱です。

 …って、そんなマニアックな作品知らないというツッコミ上等(笑)ええ、知らなくて当然です。だってこれ、とっくの昔に終了したコバルト文庫全40巻の長編小説なんですもの。

 この物語は一言で言うと、戦国時代の武将たちが現代の人間に憑依して、現代で勢力争いをしているお話です。

 メインキャラは、上杉の武将・上杉景虎(かげとら)とその従者・直江信綱。

 景虎は前世の記憶がない高校生として登場します。その前にある日現れる黒スーツの男…それが直江です。

 黒スーツを着ているだけの男な訳ですから、それをコスプレ写真として見せるのは本当に難しいです。衣装が派手だったりすれば一目でわかりますが、こんな特徴のないキャラを「コスプレ」として見せるには…

 髪型、小道具、ポーズ、表情、ロケ地、カメラ…これらの要素に本当に気を配ることが大事だと思っています。

 実は去年の夏も出したのですが、あの頃はメイクも勉強する前でしたし、今見ると本当にまだまだ改善したいと思っていたので、今回はちゃんと直江用のウィッグも買い、リテイクに臨みました。

 そしてカメラマンを引きうけて下さったのは直江を愛して1*年以上というミラージュを生涯愛するはじめさん。この方以外にお願いする方はいません。

 こんな古い女性向けの作品で、男性レイヤーなどいるわけもないこのジャンルでは、さすがに一緒に作品作りに協力してくださる方は開拓出来ないと思っていましたが、はじめさんだけは私が直江をやっていて、しかも珍しい男性だったからと声をかけてくださいました。後にも先にもこんな方は現れないだろうなぁ…

 今回は2回目ということで、前回以上に気合を入れて臨んだのですが…

 残念なのが新調したウィッグ。これ、色がちょっと明る過ぎました。店で選んだ時はこんな明るく見えなかったんだけどなあ…表で撮影するとこんな明るくなってしまうとは。

 しかしはじめさんは直江の雰囲気を考慮して、暗めに撮影しているのでまだ幾分フォローされています。しかもレタッチもして下さいました。本当にありがとうございます…

 はじめさん、お疲れさまでした…いつもありがとうございます!

naoeDSC_0296 - コピー

スポンサーサイト

2011/06/15 21:38 | COMMENT(0)TRACKBACK(0)

 | BLOG TOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。